将来的な車売却のために内部パーツに保護材を用いる

| コメント(0) | トラックバック(0)

車の売却額に関わる要素の1つは、傷の有無です。現にある業者の場合は、車の価値の基準を公開しています。
その業者の場合は、車をランク分けしていますね。ランク1や2や3など複数のものがあるのですが、傷の程度によってそのランクが変わってくるのだそうです。

という事は車のオーナーとしては、やはり傷をつけないようにするのが大事だと思います。将来的な車売却を考慮するのであれば、やはり傷をつけないような工夫をする必要があるでしょう。

このため車のオーナーによっては、保護をしているケースがあります。保護というのは、車の内部に対するものです。
思えば車の内部には、普段からよく触る箇所がありますね。車を運転するのであればハンドルを握ることになりますし、もちろん座席もそうです。それらの「よく触る箇所」に対して、人によっては保護材を用いている事があるのです。

ハンドルに対するカバーなどは市販されていますが、それを普段から用いている車オーナーの方もいらっしゃいます。また座席に対しても、人によっては何らかの方法で保護している事もあるそうです。

一番重視するべき箇所は、シフトノブではないでしょうか。その箇所は、実は車の査定ではかなり大事なポイントだそうです。シフトノブに何らかの傷が付いてしまっていると、査定額が大きく下がってしまう可能性は大ですね。ですのでシフトノブは、上手く保護をする方が良いでしょう。

一番肝心なのは、「車のよく触れる箇所には、何らかの保護材やカバーなどを装着しておくべき」という姿勢ですね。その姿勢があるか否かによって、将来的な車の売却額も大きく変わってくる訳です。
保護材などは、それほど高い買い物ではありません。数千円前後で購入できるものもあります。将来的なダウンを防止する意味でも、それは購入しておくべきかなと個人的には思います。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://template-ichiba.com/mt-tb.cgi/6

コメントする